霊視の能力とはどんなもの?

霊視と聞くと、幽霊が見えたり、人の守護霊が見えたり、霊視占いで相手から何も聞かなくても何でも分かっていたり…というイメージの人が多いと思います。本当の霊視の能力とは一体どんなものなのでしょうか。
霊視は霊を視ると書きますが、ただ霊が見える、おばけが見えるなどの霊感が強いこととは全く違います。霊視とは霊を視ただけで色々な情報を得て、判断するわけではなく、霊視の能力者が行っている霊視とは、対象となる人の守護霊などとコンタクトをとるものです。つまり、肉眼で見て得る情報ではなく、脳内で再生された情報を見るものなので、普通の人との感覚が全く違います。霊視は対象となる人についている守護霊に許可をもらって、守護霊の持つ情報を教えてもらうようにすることなのです。対象となる人のことを誰よりも知っている守護霊に聞くため、名前や生年月日などの情報を知らなくても、霊視の能力者には分かってしまいます。そのため、ただ幽霊が見える霊能力とは意味が違います。また、守護霊はついている人を守ってくれるイメージがありますが、それだけではありません。その人が前世から受け継いだカルマ、現世での運命や目的の情報全てを守護霊は知っています。さらに守護霊は、将来起こり得る試練や、試練に対してどう対処するのかも知っているのです。

霊視で見えている世界とは?

霊視の能力者は守護霊の持つ情報にアクセスして、その対象となる人の情報を得ています。しかし、全ての霊視の能力者が同じ見え方をするわけではなく、能力者によって見えている世界は違ってきます。さらに時によって見え方が違ってきます。見え方は映像として見える場合と、見るのではなく言葉で聞こえる場合があります。映像で見る場合は、目をつむるか半眼になるなどして、まぶたの裏に映像や画像を映し出して見ているイメージが多いようです。能力者は自分の視覚や聴覚を通して、その見えたり聞こえたりしたものを体験している感覚になるそうです。能力者が実際に体験しているのでなく、守護霊の持つ情報が再生されているので、慣れていないうちは混乱してしまうこともあります。霊視の能力者によっては、守護霊ではなく過去・前世(過去世)などを視る人もいます。そういった能力者は、全宇宙に存在する過去・現在・未来が記録されているアカシックレコードに波長を合わせて、知りたい情報を引き出していると考えられます。霊視はチャネリングとも言い、テレビのチャンネルを合わせるように自分の波長と視るものの波長を合わせて、守護霊やアカシックレコードから霊視する対象者の知りたい情報を引き出し、対象者に伝えることが霊視鑑定なのです。

霊視ができる人とは?

霊視は誰でもできるわけではありません。生まれ持った先天的な霊能力があると霊視ができる説、後天的にトレーニングすれば霊能力がつき霊視ができるといった、2つの説があります。一般的には巫女・神主・ユタ・イタコなど、霊能者の家系に生まれた方が霊感は強いことが知られています。しかし、霊感が強いだけでは霊視ができるわけではありません。そのため一概に先天的な説が正しいとは言えません。霊視の能力や霊能力があっても本人か気付かない場合もあるので、周囲に霊視の能力に詳しい人がいなければ、一生分からないまま過ごす人もいます。また、霊能力は誰でも持っていて、能力の弱い・強いの差があるという説もあります。能力が弱ければ霊視はできませんが、能力が強ければ霊視ができると判断できるのです。
霊視ができる人の特徴は、できるというよりできるようになりやすい先天的に霊感が強い人、霊能者の家系に生まれた人、後天的なトレーニングを体験した人、事故や病気で死の淵をさまよって臨死体験をしたことがある人、何かが原因で霊感がついた人、霊界に偏見がなく素直に感じられる人などです。視える素質があっても、きちんと視られるようになるには、ある程度のトレーニングが必要となります。