霊視ができる人の特徴

トップページ > 霊視をする方法は > 霊視ができる人の特徴

魂の格が高い人物

霊能者は守護霊からのメッセージを読み取り相談者に伝える役割をしています。それにはまず、守護霊に対して相談者の情報を教えてくれるか許可をもらう必要がありますので、他人の守護霊に信頼されるような優れた人格を持つ者でなければ、メッセージを読み取ることもできません。
守護霊に信頼される霊能者とは言うものの、魂レベルの要素について相手を見た時に徳の高さを推し量るのは到底分かるものではありません。しかし、そういった優れた人物と言うのは実は見た目や行動に表れていることが多いのです。例えば、常にプラス思考の考えを持つ人、相手を批判したり脅したりするようなことをしない人、丸みを帯びた優しそうな雰囲気の人など、霊視ができる人はこのように誰からも良い印象を持たれるケースが多いと言われています。

相談者を不要に煽ったり不安がらせたりしない人

霊視は目で確かめる方法がありません。本当に霊視ができる人物がいるのも事実ですが、それを良いことに人を騙すような偽物の霊能者も存在します。本物の霊能者は、例えば水子の霊が祟っている、悪霊がついている、呪われた宿命にあるなどと相談者を不安にさせるよう言葉で話をすることはありません。こうして相談者を不安に陥れて、わざと混乱させるような話題ばかり述べる人物は注意が必要です。本物の霊能者は余計なことは言いませんし、悩みに関する助言についても矛盾がなく一貫した受け答えをしてくれるでしょう。