前世で関わりがあったものとの付き合い方

トップページ > 霊視であなたの前世を見る > 前世で関わりがあったものとの付き合い方

自分の心を見つめ直す

霊視では肉体はなくなってしまっても、魂は永遠に存在しているものとして捉えられており、魂は多くの体験を繰り返しながら何度も輪廻をし、様々な人々と出会います。そして今、夫婦や兄弟、親子など自分の周りにいる人達は、前世でも関係は変わっていても何かしらの形で自分とはとても親しい関係にあった場合が多いと言われています。
このような関係であっても中には全く気の合わない人、どうしても苦手に感じる人などもいるかと思われますが、そういった場合は前世でも何かしら衝突をしてきた人の可能性が高いです。今周りで苦手と感じる相手に出会ってしまうのは、前世で何かその人に関わる学びがあり、今世でその課題に挑み無事に完了させるために、出会うべきして出会っているものと考えられます。
例えば、家族の間でトラブルを抱えていたり反りの合わない友達がいたりしても、この関係性には前世から引き継いだ何らかのメッセージが隠れているかもしれません。魂と言うのは、輪廻をしながら少しずつ成長をしていこうとするものです。 前世で関わっていた苦手な人との付き合い方としては、今世において嫌なことを言われたり辛いことがあったりしても、一方的にその人を遮断するのではなく、この経験からどのような学びが必要なのか、どういったことに気づいたら良いのか、時には周りの人に相談をしながら自分の心とゆっくりと向き合う時間を作ってあげるようにすると良いでしょう。